自律神経失調症の症状は個人差がある?

自律神経失調症の症状はかなり個人差があることで有名です。更年期なら40代後半、一般的には45?60歳くらいの年代に、顔のほてりや発汗、冷え、頭痛、めまい疲労感などの症状が現れ始めま魂同時に、無気力になつたり、小さいことをくよくよ思い悩んだり、イライラしたりと心にも変化が現れま魂このような症状は、卵巣の働きの衰えとともに女性ホルモンの分泌が低下し、ホルモンバランスが大きく崩れることや、心理的なストレスから起こります。

 

最近は食生活の偏りやストレスによつて、高校生などの若年にも起きています。

 

 

更年期を乗り越えよう!

体や心の不調に神経質になりすぎず、おおらかな気持ちで毎日を過ごすことが、更年期を快適に乗り切るヒケツです。

 

更年期の自律神経失調症は実は病気ではないんです。心にゆとりをもとで次第に改善されていくはずです。しかし、それでも顔のほてりや冷えなどの症状はつらいもの。ゝ」ういった更年期障害特有の症状にも、コエンザイムQ lOはよく効きま寃手足の冷え、肌荒れ、疲れやすい動悸。息切れなどの症状を改善するのは、代謝を良くし、細胞の活性を高めるコエンザイムQ lOの得意分野。ゝ」うした症状が軽減されれば、かなり過ごしやすくなるでしま2 さらにコエンザイムQ lOには、神経細胞に働きかけて、自律神経整える作用も期待されま寃他には、女性ホルモンの役割をする、大豆イソフフボンのサプリメントを摂取するのもオススメです。