低気圧と冷え性の関係は?

冷えの原因にはホルモン分泌の乱れや、ダイエットで栄養不足になつていること、代謝の低下、低血圧が考えられま魂冷えは、頭痛や一肩こり、下痢など、体の様々な不調の原因となっていることも多いので、早めに対処しましまょう。

 

 

低気圧のほかにもほかにも、座っている状態に比べ、立っている状態の血圧が大きく下がる、起立性低血圧がありま寃この起立性低血圧の原因は、体質的に心臓の収縮力が弱いためにおこる場合と、末梢の血管が充分に収縮せず、拡張してしまつている場合とに分けられますっ前者は比較的若い人に多く、後者は老人に多い傾向がありま寃これらの低血圧の特徴としては顔色が悪く、めまいやたちくらみ、一肩こりが起きやすくなりま魂また、食欲不振気味の人や、朝なかなか起きられず、午前中は調子が悪い人も多いといえます。

 

足の冷え症には適度な塩分が大切?

冷え性や低血圧には、適切な塩分を摂ることも大切ですまた、ウオーキングなどの軽い運動を継続的に行ない、体の代謝をアンプさせましま2さらに、血行をよくすることも重要ですoコエンザイムQ l0を補給すれば心機能がアップするので、滞りがちだつた血流も正常に戻っていきま魂末梢器官にまで血液が行くようになり、細胞も活性化してエネルギーを生み出すので、冷え症や低血圧を体質から改善する手助けになるでしま2コエンザイムQlOは、血圧自体を上昇させることはあまりないのですが、血圧の決め手となる、心拍出量(心臓が1分間に押し出す血液の量)と、総末梢循環抵抗(末梢の血管がその血液をうけ再び心臓に還す力)のがフンスを改善しま寃またアメチニウムやミドドリンなどの低血圧治療薬と相性がよいためです。

 

これらの薬剤とコエンザイムQЮを併用すれば、症状の改善が速やかになるでしよ2このよヽつに、コエンザイムQl0は低血圧や、その関連疾患の症状、また本質的な治療に大変有効で寃ただし、ビタミンE配合のものは、血管を拡張して逆に血圧が下がってしまうので、オススメできません。