ユビキノンという物質

また、「ユビキノン」「ユビデカレノン」も、コエンザイムQ lOと同じ物質で、い」れが還元されたものを「ユビキノールー0」といいま稀に、コエンザイムQ lOを「ビタミンQ」と呼ぶことがありますが、それはコエンザイムQ lOの持つ作用が、ビタミンの持つ作用と似ているため、そのように呼ばれているだけで、実際にはビタミン類には属しません。ビタミンの定義とは、「体内でつくられることがないので食物から摂取しなければならない栄養素」なのですが、私たちは、体内で自らコエンザイムQ l0を生合成することができま魂このことからもコエンザイムQlOは、ビタミンではないことがわかります。

 

 

際にサプリメントを服用してみると臭いが気になる場合がありますが、それはサプリメントに含まれたコエンザイムQ lO以外の成分の臭いで、コエンザイムQ lO自体は、あくまでも無味無臭の物質で魂また、脂溶性なので油にはよく溶けますが、水には溶けないといつ性質をもつていま寃熱に対しては、約50℃で溶けて赤色の液体となり、5%ほど破壊されることがありま寃光に対しても、長時間当たると変質してしまうので充分な注意が必要です。

 

魚類がありま魂「酸化型コエンザイムQ lO」はオレンジ色の物質でご」ちらが一般的に「コエンザイムQlO」と呼ばれているもので魂サプリメントに含まれるコエンザイムQlOも、酸化型で魂これらの酸化型コエンザイムQlOを摂取すると、小腸で吸収され、無色の「還元型コエンザイムQlO」に変化します一このように、体内では主に還元型で存在しま魂酸化ストレスから身を守る抗酸化作用の働きをするのは、い」の還元型だけです。

 

コエンザイムブームは過ぎ去った?

最近はプームになつていることもあり、約150もの会社からサプリメントが発売されていま寃なかには名ばかりの粗悪品も出回つているので、内容成分をしつかり見てから購入す
るようにしましょう。

 

配合された食品の研究は進められています貢すでに清涼飲料水は発売されています)。コエンザイムQ lOを配合したパス久そば、うどん、ラーメンなどの麺類や、チョコレーヽケーキ、バン、ふりかけ、粉末スープ、スパイスなどを提案している会社もありま魂そして現在注目されているのが、コエンザイムQ lO入リドレツシングで寃ドレィンングは油分を多く含んでいるのでコエンザイムQ lOの体内での吸収率がより高くなることが期待されます。

 

サプリメントで内側からだけでなく、クリームで外からもコエンザイムQ lOを補給することは、肌の若返りに効果的と考えられていま魂すでに欧米ではご」のコエンザイムQlOクリームが大人気で魂残念ながら日本では今のところ厚生労働省の許可が下りていませんが、2004年中には発売されるでしょう。