コエンザイムQ lOを多く含む食品

サプリメントとしては1日の用量の指示はありません以一般的に、健康維持や疲労回復ためには1日に、約30〜 50咽のコエン資ムQ10を2回摂取するとよいでしょう。またスポーツ選手が記録更新などを目的とする場合には、1日約50mgを3回(1日に150〜 300mg)摂取すると効果的で蔦病気を改善するために用いる場合は1日200〜 300m9程度。一般に筋ジストロフィァなどの筋神経疾患やがん患者には300mg以上、また、ステロイドホルモンの副作用防止などでも1日200〜300mgを必要としま丸いずれの場合も、量については、かかりつけの医師や薬剤師に相談することをオススメします。

 

コエンザイムQ10は必ず食後に摂取するのが原則。脂溶性なので油には溶けやすいのですべ水には溶けません。ですから、油分を含んだ食事の後に飲めば吸収もよく効果的で丸空腹時に飲むとコエンザイム010が充分に吸収されず効果が半減してしまうだけでなく、消化器官にも刺激が強すぎて胃のもたれや吐き気、食欲不振、下痢などの症状がでることもあるので注意しましょう(水溶性のものも開発されました)。

 

 

コエンザイムQ lOを多く含む食品は、魚類ではイワシやサバ。活発に活動する組織にコエンザイムQ lOは多く含まれるので、小魚のように、頭や内臓ごと食べられるものも最適で魂また、牛肉や豚肉や鶏肉などの肉類も、コエンサイムQ lOを多く含む食品。他にはプロッコリー、ほうれん草、大豆などにも多く含まれま魂体内で自らつくりだす以外に、い」ういった自然食品からもコエンザイムQlOを補給しましょう。

 

コエンザイムはイワシから取りやすい

コエンザイムQlOを含む食物はなくさんありますが、食物からだけで必要量を摂ることはほぼ不可能で魂なぜなら、食物に含まれる量は非常に少なく、日本人が1日の食事から摂っているコエンザイムQlOの量は、平均してたったの6. 5 mg0老化防止や健康維持のためには、少なくても1日約60?100鴨必要でt ところが食物から1日100 mgを摂ろうとした場合、イワシなら20匹も食べなくてはいけません。牛肉なら4. 5kgヽプロツコリーなら14kgも必要でこれはほとんど不可能で寃無理をして食事だけから摂ろうとせずに、がフンスのよい食事を心がけながら、不足分はサプリメントで上手に補うとよいでしょう。